So-net無料ブログ作成

加藤あい スタジオパークで魅せた 亜貴子の裏話あれこれ。 [登場人物]

朝ドラ ごちそうさん 第15週「今日でおわカレー」では、
浮気の修羅場をなんとか乗り越えた悠太郎とメイコ。

そんな週にNHKのスタジオパークでは、
ヒロインの恋敵・松田亜貴子役の"加藤あい"さんのインタビューがありました。

西門家に大きな波風を立てた亜紀子こと加藤あいさん。

ごちそうさんの撮影裏話、関西弁の苦労話、
30代に入っての心境の変化などを語っておりました。


冒頭、「なんかもう すいませんて言いたくなる感じです。」と。

謝っていました。(^^

亜紀子という役

役の印象としては、
大阪弁を話すチャキチャキした快活な役である印象をお持ちになっていたようです。

女学生の頃、食べてばかりのメイコとは対照的に、
医者になる勉強をして頑張っていた亜紀子。開明軒にも来てましたね。

大人になった3人が再び再会し、浮気騒動が起こるわけですが、

「一視聴者として観て、悠太郎ダメでしょ」と。

加藤さん自身がツッコミ入れてました。(^^

亜紀子や演じながらも、「亜紀子じゃましないで!」と。
視聴者としてはメイコを応援しているので複雑な心境だったとか。



演技においては、特に大阪弁に苦戦していたようで、
大阪弁の言い方に注意しながら、医者としての所作など演技をこなすのはかなり難しかったとか。
医者.jpg
実際話してみると思っていたよりも難しいと。
とにかく、大阪弁のセリフには苦労していることが伝わってきました。



東出昌大さんからの暴露話では、
亜紀子が悠太郎に告白するシーンでカメラに向かって告白するところを
恥ずかしがっていて可愛らしかったと。

確かに、「好きで好きで困ってる」というセリフ。
あのシーンを端から見るとカメラに向かって言うわけで、恥ずかしいのも無理はない気がします。
加藤さん曰く、まだ悠太郎本人に言った方が緊張しないと。

ファンにとっては嬉しいシーンですよね。


他に、食べることが好きなので西門家の食卓に加わりたかったと残念がっていたようですが、
個人的にも以前から好きだったフードコーディネーター・飯島さんと会えて嬉しかったと。


30代を過ぎ、「殻を破る」と題して心境の変化について

雑誌「FR@U」の2013年3月号「脱げるカラダになる」ではセミヌードを披露。

雑誌の表紙にドーンと出ておりました。

この撮影は30歳の誕生日前日で、
30代に入る節目として、ちょうど20代最後の記念の意味も含めての撮影だったのだとか。


20代の頃は仕事の悩みなどうまく消化できなかったことが
30歳を過ぎ、いい意味で緩みができたのか、
考え過ぎず楽しむことが出来るようになったと。


普段の生活ではNHKの「ためしてガッテン」が大好きだということが判明。

昔からずっと観ており、
番組で紹介された料理のレシピなんかもしっかりメモして実生活に役立てて
上手に活用されているようです。



これからプライベートでやってみたいことは習字

芸能人はサインや言葉を書く機会があるでしょうし、
身につけていて悪くはない技術ですよね。


ドラマでは一旦区切りがつきましたが、今後の出演が気になるところです。
更に大人になった加藤あいさんが観られるのではないかと思います。


スポンサード リンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
So-net無料ブログ作成

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。